Web Park
フカ君と勉強しよう!!

<第1話> フカ君と海について勉強しよう!!


 地球は宇宙に浮かぶ生命のゆりかご。
 暗い宇宙の中で、太陽の光を受けて、宝石のように青く輝いています。
 その輝きは、地球表面の7割を占める海が放つ光からの贈り物です。
 地球は「水の惑星」と呼ばれ、太陽系で唯一、液体の水が豊富に存在する星です。
 条件がそろわなければ、惑星に液体の水が存在することはできません。
 地球が、もし小さかったら、重力も小さくなってしまいます。そうなると、たとえ星の誕生したころに水があったとしても、時間の経過と共に、蒸発した水が水蒸気となって宇宙に逃げてしまうのを引き留めるだけの力がなくなってしまいます。
 また、太陽との距離が近すぎると、温度が高すぎて、すべて水蒸気になってしまい、液体の水が存在できません。
 逆に太陽から遠すぎると寒すぎて、水はすべて凍ってしまいます。
 地球は、その大きさ、太陽からの距離共に液体の水が存在できる特別な星です。
 海のお陰で命が育まれます。

 このコーナーで、生命の母である海について、フカ君と一緒に勉強して行きましょう。



 

<第2話へ>・・・

<第8話へ>・・・